日本唯一の仮想通貨トロン専門サイト| Crypto TRON Japan First web| BTT-BitTorrent, WIN-Wink by TronUpdate

ビーツコイン(BTZC)とは? 特徴・基本情報・ロードマップを解説!

ビーツコイン(BTZC)とは? 特徴・基本情報・ロードマップを解説!

ビーツコイン(BTZC)とは?

ビーツコインは、バイブラビットのプラットフォーム上でポテンシャルを発揮する仮想通貨になります。

バイブラビットとビーツコインを組み合わせることで、クリエイターとユーザーが商品・サービス・賞金・賞品といったものを仲介業者を挟むことなく、ダイレクトに商品を交換しあえる場所を提供しています。

ユーザーとクリエイターは、どちらもビーツコインを報酬として受け取ることができます。コンテンツ・商品・イベントチケットを購入、自分のコンテンツを宣伝したりする用途にも利用することができます。

また、トロン財団が運営するトロンネットワークをベースに動き続けており、トロンネットワークに存在する多くの仮想通貨との互換性を持ち合わせています。

VibraVidとは?

バイブラビッドは、クリエイターがコンテンツをアップロード、保存、マーケティング、レンタル、販売するための配信者向けのプラットフォームになります。

クラウドファンディング・商品・イベントチケットを購読者やファンにダイレクトに販売できるという非常に素晴らしい利点を備えています。

VibraVidの特徴

以下の画像で、バイブラビッドのプラットフォームが他社と比較しどれほど優れているかお分かりになるかと思います。

VibraVidで稼ぐ方法

バイブラビッド(VibraVid)をユーザーが利用してビーツコイン(BTZC)を得る方法

  • VibraVidプラットフォームにサインアップ
  • POLSを介してトークンをロックする
  • バウンティ(報酬)への参加
  • 有料視聴(PTV)広告の視聴を選択する
  • 毎日もしくは毎週のイベントで競い手に入れる

バイブラビッド(VibraVid)をクリエイターが利用してビーツコイン(BTZC)を得る方法

  • 自身が作成したコンテンツを視聴させる
  • 選択した期間で最も多くの視聴回数を獲得したとき
  • コンテンツの有料広告(PTV)広告を許可する
  • 視聴者からヒント?コメント?を受け取る
  • 同プラットフォームにてクラウドファンディングを行う

ビーツコイン(BTZC)の時価総額ランキング

ビーツコイン(BTZC)の特徴

ビーツコイン(BTZC)のメリット

▶クリエーターやアーティスト(配信者)から直接的に購入可能
▶クリエーターやアーティスト(配信者)が自由に販売価格を設定可能
▶クリエーターやアーティスト(配信者)がマーケティングで視聴者にBeatzcoinをプレゼント可能
▶収益の基準はなし
▶YouTubeやYahooといったサーバーを使わないためサーバーダウンのようなリスクはないに等しい
▶AppleやGoogleといったサーバーを使わないため仲介業者の中抜きは発生しない

https://www.cryptonewsz.com/beatzcoins-vibravid-platform-introduces-new-features-after-latest-upgradation/53710/

これはほんと、革新的なシステムです。

インターネットを利用している全ての人に見てもらえ、かつ報酬は仲介業者なしでダイレクトに入る。視聴者にもそのプラットフォームの視聴者した動画の数や滞在時間に応じて、報酬が入ってくる

今の状況を端的に表すと、昔のYouTubeのような状態なのかもしれませんね。

しかし、YouTubeも昔に比べると検閲が非常に厳しくなっています。最近はよく、誤ったアカウントを突然停止もしくは突然削除といった報道がチラホラ耳に入ってきます。

例えば、以下のようなもの。

こういったものが頻繁に起こると、YouTubeやTikTokのプラットフォーム上で活動を続けるのは難しいですよね?

そうしたリスクも回避できるこのプラットフォームにこの方も移行し、本格的に活動されています。

こうした運動は、ますます増えていきそうですね。。。

YouTuberやTikTokerで活躍されているインフルエンサーに要注目です。

ビーツコイン(BTZC)の基本情報

名称数量
総供給3,000,000,000 BTZC
循環供給918,463,283.615 BTZC
ホルダー20,114 アドレス
※2020.02.11時の総数
価格0.000396 USD
※2020.02.11時の価格
発行時期2019.10.05
発行者TV6jkvfAntSDohZF3onVSnpb4wceEPh32a
公式サイトhttps://www.beatzcoin.io/

ビーツコイン(BTZC)のロードマップ

ビーツコインホワイトペーパーより。

2017.Q4~2018.Q2
2018.Q3~2019.Q1

2019.Q3~2020.Q1

2020.Q2~2020.Q3

バイブラビッド公式ウェブサイトより。

ビーツコイン(BTZC)の役割

ビーツコインの根幹を成す役割3つ

バイブラビッド上の存在するコンテンツにアクセスし、そのコンテンツを視聴し、視聴された後の報酬を整えると同時に、コンテンツの管理を作成者が制御下できるようにする工程を最優先事項で取り掛かっている。

ビットトレントに利用されている機能を使い、1つのサーバーにアクセスが集り過ぎないように、様々なサーバーと連携を取り合うことで、容量の大きなファイルの転送が非常にはやくなります。

ビットトレントでは、たくさんの端末を利用し様々なファイルをシェアおよびアクセスすることができます。これらのファイルには、転送されるそれぞれのデータを検証する情報ハッシュを参照して対応しているそうです。

情報ハッシュはバイブラビッドのプラットフォームへのアップロード時に割り当てられ、そこからファイルはユーザー間で調節され、ビットトレントのデータベースを介して相違がないよう常に監視されています。

サラリーマン博士Toshiと暗号資産について

toychiizu.com
プロフィール 40代の男性 外資系企業を渡り歩き、社会人大学院に通い直し博士号(マネジメント)を取得。 2017年の暗号資産バブルの前にブロックチェーンに興味を持ち、トロンに出会いました。ジャスティンサン氏のマーケティング力や行動力に魅力を感じています。 最近は、トロンネットワークから派生した暗号資産であるBTTやWink、更にはBeatzcoinの将来性に期待しています。 特にBeatzcoinはデジタルコンテンツプラットフォームの時代を変革するエネルギーを持ったイノベーションです。中央集権から分散型プラットフォームへの変化をもたらすものです。 今あるYouTubeよりも優れた特性を持っています。その魅力を普及させる活動を通じて、デジタルコンテンツクリエイターの発展に寄与したいと考えております。

3.0 rating

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top